【定番4種】ポンデリングのカロリーや糖質で一番高いのは?1個食べたらウォーキング1時間分

2003年ミスタードーナッツに登場以来、大人気のポンデリング。

人気の秘密は、『男女、年齢を問わず幅広く好まれている』『もちもちした食感や一口サイズにちぎって食べやすいその形』など、虜にさせる秘密はたくさんありそうですが、油であげてあま~いコーティングまで施すドーナッツ。

そのカロリーや糖質がやっぱり気になる‥そんな方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、ポンデリング定番4種のカロリーや糖質を一挙公開いたします!!

 

そしてダイエット中という方にも安心!

美味しく食べた分はしっかり消費!!ポンデリング、食べた分のカロリーを消費できる運動もご紹介!

さらには、ちょっとの工夫で脂肪の蓄積を抑える、驚きの食べ方もご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

【定番4種】ポンデリングのカロリーや糖質を一挙公開!

ミスタードーナツの人気商品といえば、ポンデリングですよね。

ほどよい甘さとモチモチ食感がたまらない、不動の人気を誇る商品ですが、ポンデリングだけでもたくさんの種類が出ています。

  糖質(g) カロリー(kcl) タンパク質(g) 脂質(g)
ポン・デ・リング 26.1 219 1.3 12
ポン・デ・リング プレーン 20.2 196 1.2 12
ポン・デ・黒糖 22 204 1.3 12.1
ポン・デ・ストロベリー 24.3 247 1.4 15.8

ここでは定番4種類のポンデリングのカロリーと糖質をご紹介していきます。

※炭水化物=糖質+食物繊維ですが、ミスタードーナツは炭水化物量のみ公表しているため、ここでは炭水化物量を糖質量として表記しています。

ポンデリングのカロリーと糖質

まずはシンプルど定番、ポンデリングのカロリーと糖質。

ポンデリングのカロリーは1個あたり219kcal、糖質約26.1gです。

シンプルといえど甘さは十分にあるため、決してヘルシーとは言えない数値かと思います。ただ、思ったよりも低い?という見方もあるかもしれません。

ポンデリングプレーンのカロリーと糖質

なんのコーティングもされていない、ポンデリングの生地そのものの味が楽しめるポンデリングプレーン。

引用元:https://mognavi.jp/product/58330

ポンデリングプレーンのカロリーは、1個あたり196kcal、糖質量約20,2g。

さすがに生地のみとなっているため、カロリー糖質量ともにほかのポンデリングよりも控えめです。

数値で比べた際、ダイエット向きのポンデリングとしてはプレーンが一番良いかもしれませんね。

ポンデ黒糖のカロリーと糖質

続いて、まぶしてある黒糖シュガーがあっさりとした甘さでおいしいポンデ黒糖ですが、

ポンデ黒糖のカロリーは1個あたり204kcal、糖質は約22gでした。

砂糖がまぶしてある割には、ポンデリングよりも少しカロリー、糖質ともに低いです。

黒糖は、白砂糖に比べ血糖値の上昇が緩やかであり、ダイエットに向いているとされています。また、ミネラルやビタミンも多く含まれており、美肌効果も期待出来るとか。

ダイエット時にポンデリングを食べるならポンデ黒糖が最適かも?

ポンデストロベリーのカロリーと糖質

ピンクの見た目もかわいい、ポンデストロベリーはどうでしょうか。

ポンデストロベリーのカロリーは1個あたり247kcal、糖質約24.3g。最も高いです。

イチゴミルク風味のチョココーティングという点で、やはりカロリーはお高め、見た目によらず数値はかわいくなかったですね、、、。

ポンデリングを1つ食べたらどれくらいの運動量が必要?

「誘惑に耐え切れずポンデリングを食べてしまった、、、」

そんな罪悪感に苛まれたときは、食べた分を運動して消費しましょう!

 

では、ポンデリング1つ(219kcal)を消費するためには、どれくらいの運動量が必要なのか。以下に記載しました。

※体重60キロの人の場合

  • 縄跳び    約25分
  • ランニング  約30分
  • 水泳     約30分
  • ウォーキング 約60分
  • 自転車    約70分
  • ショッピング 約120分

ガッツリ運動のための時間が取れなくても、例えば、家までの帰り道をウォーキングにして60分歩けば、おやつに食べたポンデリングは消費される計算になります。

60分のウォーキングって・・・ダイエッターにはハードルが上がる食べ物になっちゃいますね・・。

 

でも・・・これは、あくまで目安です!

日常生活では着替えたり、トイレに行ったり、掃除したり、洗濯したり・・・etcといろんな活動をして過ごしています。

 

ポン・デ・リング1つを1つの運動で消費しよう!!!と思わず、1日を通して消費できるように運動だけでなく日常生活を見直してみるのも1つの手かもしれません!

例えば、仕事終わりにポン・デ・リングを食べたら・・・

you tubeの時間を掃除に変えよう!などランニングやジョギングよりも身近なところから始めるほうが気が楽ですよね!

ダイエット中にどうしてもポンデリングが食べたくなったら…

ダイエット中は甘いものは我慢、、、でもどうしてもポンデリングが食べたい!

そんな時、ポンデリングを少しでも罪悪感なく食べるには、頑張って運動で消費する他に、食べ方に工夫をすることもできます。

 

実はドーナッツは、カロリーよりも糖質が多いことがポイントとなりそうなんです。

 

摂取カロリーが多ければ当然太ることは一般的に知られていますが、実は血糖値の上がり方も無関係ではないんです。

血糖値が急激に上がることによってインスリンが必要以上に分泌され、これによって糖分を脂肪として蓄積させていくんです。

 

ですので、おすすめの方法としては、

  • 遅めのお昼ご飯として食べる
  • ポンデリングプレーンを選ぶ
  • ポンデリングを食べる前に豆乳を飲む
  • ホットミルクと一緒に食べる
  • チートデイに食べる
  • ほかの食事でカロリー調整

が挙げられます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

遅めのお昼ご飯として食べる

まずはサラダやスープを食べ、その後にポンデリングを食べる。

消化吸収に時間のかかる食物繊維を先にたくさん食べることで、血糖値の急激な上昇を抑え脂肪の蓄積を防ぐのです。

 

遅めの時間を狙うのは、午後2時から3時が一番脂肪が蓄積されにくい時間帯だと言われるから。

ダイエット中なのにお昼ご飯がドーナッツ?!なんて驚きですが、驚きの食べ方で脂肪の蓄積を防ぎ、罪悪感無くドーナッツをいただいてみてはいかかでしょうか。

ポンデリングを食べる前に豆乳を飲む

カロリーを気にしてドーナツを食事代わりに単体で摂ってしまうと、血糖値が急上昇し、むしろ太りやすくなってしまうとのこと。

豆乳はたんぱく質が豊富で食前に摂ることで血糖値の急上昇を抑えられるといいます。

ホットミルクと一緒に食べる

ドーナツは脂肪分が多いです。脂質を燃やすはたらきのあるビタミンB2を摂るため、ホットミルクを飲みながらポンデリングを食べましょう。

ビタミンB2は乳製品に多く含まれており、また温かい飲み物は満腹感も増してくれます。

ポンデリングプレーンを選ぶ

ダイエット中にポンデリングがどうしても食べたいということであれば、定番4種類の中で最もカロリー、糖質量が低いプレーンを選ぶというのが1つの手です。

甘さは少ないかもしれませんが、ポンデリングの醍醐味であるモチモチ食感は十分楽しめます。

チートデイに食べる

ダイエット中、体重や脂肪が落ちにくくなる停滞期を乗り越えるために取り入れる“チートデイ”。

2週間に1度くらいの頻度で、制限せずに食べる日として設定します。ポンデリングを食べるなら、このチートデイに合わせるといいかもしれません。

ほかの食事でカロリー調整

ダイエットは基本的に、摂取カロリー<消費カロリーの状態にすることで減量につながります。

ポンデリングを食べても、ほかの食事メニューでカロリーを調整し、全体的な摂取カロリーを抑えられれば、大きな影響はでないかと思います。

まとめ

今回は、ポンデリング定番7種類のカロリーと糖質量をしらべ、ダイエット中に食べたくなった時の対処法をご紹介しました。

ドーナツはカロリーが高いイメージですが、ポンデリングは選び方や食べ方次第でダイエット中も我慢せずに食べることができます。

あまり制限しすぎてストレスをためてしまっては、ダイエットにも逆効果です。

こちらの内容を参考に、ダイエット中も罪悪感なくおいしいポンデリングをいただきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。